• ホーム
  • 掲示板
  • サークル
  • ブログ
  • 雪合戦体験記

    掲示板 サークル ブログ スポーツ体験記
    スポーツ雪合戦ってなに?
    雪合戦のイラスト
    雪国の遊びである雪合戦にルールを定めスポーツ化したもの。
    毎年冬になると日本各地で予選が行われ、2月末に北海道にて全国大会が開催される。
    2009年雪合戦大会の決勝
    雪合戦にここまで本気になっている大人は初めて見ます。
    雪合戦について

    ルール

    人数 … フォワード4人、バックス3人。7対7で競技する。1チームにつき監督1名、補欠2名。

    競技時間 … 3分3セットマッチ。2セット先取。
    勝敗方法
    ①コート中央にある相手チームのフラッグを引き抜いたチームがセットを得る。
    ②相手チーム全員に雪球を当てたチームがセットを得る。
    ③3分経過した時点で、人数の多いチームがセットを得る。

    その他主なルール
    ■ 1回のセットで使える雪球は、1チームにつき90個。
    ■ 雪球を当てられたプレイヤーは、すぐにコートから出なくてはならない。
    ■ 雪球が当たったプレイヤーは、そのセットは出場できない。
    ■ 雪球を渡す際は、空中に浮かせてはいけない。手渡し、置く、転がすといった方法で渡す。
     ※投げて渡した際、雪球が当たる可能性があり、誤審を招くからである。

    コート

    シェルター … シェルターに身を隠して相手の攻撃を防ぎます。
    フラッグ … フラッグを抜かれると、そのセットは負けになります。
    センターライン … センターラインを境に、自陣地、相手陣地に分かれます。
                 一度に4人以上相手陣地に入ってはいけません。
    バックライン … フォワードは自陣のバックラインより後ろに下がってはいけません
    エンドライン … エンドライン近くのシェルターの後ろに、雪球が置かれます。
    雪合戦のコート

    道具

    雪合戦のフラッグ 雪合戦のシェルタ
    フラッグ
    各チーム自身でデザインします。
    シェルター
    しゃがむと大人が身を隠せる大きさです。
    雪合戦のヘルメット 雪球
    ヘルメット
    唯一の防具。相手に遠慮せず投げれます。
    雪球
    雪球製造機で作るため、きれいな丸の形になります。
    服装について
    動きやすい服装。ジャージやツナギ、野球のユニフォームなど、様々です。
    必須は手袋。大会では軍手率が高かったです。靴はスキー靴やスパイクは不可です。競技中に怪我をしないものを選びましょう。

    雪合戦大会開催
    宮城県雪合戦大会
    2月吉日、宮城県加美町にあるやくらい高原で宮城県雪合戦大会が開かれました。
    この試合で勝つと、県代表として全国大会の出場権を得れます。

    雪球づくり

    大量の雪から雪球をつくる 大会では競技者が自分たちの試合で使う雪球を作ります。
    雪球を作る場所には山のよう量の雪が用意されています。
    雪球製造機 雪球製造機です。
    たこ焼き器のように半円のくぼみがある入れ物に雪を入れ、それを上下に重ねて足で強く踏みつけます。

    一度に45個作れます。
    雪球製造機から雪球を取り出す 出来上がった雪球はとてもきれいな球形をしています。
    これを一試合につき270個作ります。

    試合開始!

    試合前にルールの説明 試合開始前、審判からルールの確認をします。
    審判は全ての競技者を雪球が当たったか見なければいけないため、とても大変です。
    スタートラインに整列 ルールの確認を終えると選手は後ろに下がり、バックラインに並んで試合開始の合図を待ちます。

    それぞれの役割

    フォワードが前に出る バックスが後ろから支援
    フォワード
    試合が始まると、フォワードは我先にと前にあるシェルターに隠れます。
    バックス
    バックスは一番後ろに置いてある雪球をフォワードに渡しつつ、敵を牽制します。
    監督が全体を見て支持を出す 監督
    監督もただ見ているだけではありません。
    全体を見ながら指示をします。
    大きな声での指示がより一層試合を盛り上げます。
    雪合戦は見ているだけで面白いです!燃えます!!シェルターに身を隠し、対戦をするのはまるでサバイバルゲームのようです。 雪球に当たりたくない!その緊張感がコートにを漂っています。
    試合の流れを一気に変えるフラッグ奪取は一気に盛り上がります。
    分かりやすく単純ながらも面白いルールは、選手だけでなく観客も一体になって盛り上がります。
    ■ 取材協力 宮城県雪合戦連盟