• ホーム
  • 掲示板
  • サークル
  • ブログ
  • スポーツチャンバラ体験記

    掲示板 サークル ブログ スポーツ体験記
    スポーツチャンバラってなに?
    昔ながらの遊び「チャンバラ」をスポーツ化したもの。
    軟らかい素材でできた剣を使用し、体のどの部分に当たっても怪我をせず安全に楽しめる。
    スポーツチャンバラのイラスト
    大阪にある柏原道場の練習風景
    ※音量注意
    スポーツチャンバラの避けやフェイントなど攻防の面白さを、時々入るスローモーションを交えて見れる。
    スポーツチャンバラについて

    概要

    スポーツチャンバラ(以下スポチャン)は子供の遊び「チャンバラ」から派生したスポーツ・レクリエーションです。 道具はやわらかい素材の中に空気を入れたエアーソフト剣を使用するため、体のどこに当てても怪我をしにくくなっています。
    この道具によって当ててはいけない箇所が無いため、安全・公平(ルールが分かりやすいため)・自由度が高いスポーツとなっています。

    ルール

    基本ルール
    ・どこを打っても良いが、どこをうたれてもいけない。
    ・主に一本勝負。打たれたら即ち刀で切られたとみなし、負けとなる。ただし大会で決勝のみ三本勝負。

    反則
    ・場内から足が出てしまった場合、2回目に反則負けとなる。
    ・チャンバラの柄の部分で殴った場合。
    ・蹴りや拳などを使用した場合。

    試合形式

    対戦 … 1対1で行う。
    乱戦 … 多人数対多人数で行う。
    合戦 … 乱戦のより人数が多く、数十人規模で行う。30対30、50対50などがある。
    バトルロワイヤル … 1対多で行う。周りにいる人数全員が敵と仮定して戦う。

    種目

    短刀の部 … 上半身を狙い、短刀で致命傷を与えることを仮定している。
    小太刀の部 … 基本の部。身の回りで武器になりそうなもの(雑誌や棒切れ)を仮定している。
    両手長剣の部 … 日本流の剣道を想定。両手で長剣を掴ん競技を行う。
    長剣フリーの部 … 西洋のフェンシングを想定。両手を使用してもいいが、片手で行われることが多い。
    二刀の部 … 小太刀、長剣を使用する。小太刀は防御、長剣は攻撃といった形で使わることが多い。
    楯小太刀の部 … 腕に盾を装着し、小太刀で攻撃する競技。
    棒・杖の部 … 両刃のため使い方こそ難しいが、トリッキーな攻撃が可能になる。
    短槍の部 … 長剣を短い槍と仮定して競う。
    長槍・ナギナタの部 … その長さから繰り出される突きや薙ぎ払いはとても協力。一番強い武器。
    異種戦 … それぞれが好きな武器を選んで競う。
    スポチャンの道具について

    素材について

    スポーツチャンバラの道具 スポチャンに使う武器は全て、エアーソフト剣というポンプで中に空気を入れた柔かい素材でできています。
    体に当たっても痛くなく安全に楽しめます。

    防具について

    スポーツチャンバラの防具 スポチャンでは必ず面をつけるため、顔面への攻撃も怖くありません。また、防具として盾も扱えます。

    武器一覧

    スポチャン短刀 スポチャン小太刀 スポチャン長剣
    短刀(45cm)
    使用頻度は少ない。唯一牽制として蹴りが認められている。
    小太刀(60cm)
    基本の武器。軽くて扱いやすいため、攻撃から防御に切り替えやすい。
    長剣(100cm)
    基本の武器。小太刀と比べ大降りになりやすい。
    スポチャン杖 スポチャン槍 スポチャン棒
    (140cm)
    多様な攻撃ができるが、柄の部分が当たりやすく使用頻度は少ない。
    (200cm以下)
    リーチが一番長く、突きが素早い。接近戦では不利。
    (200cm以下)
    玄人好み。攻防一体として使える。が、難しい。ナギナタとしても使う。
    スポチャンの基本動作

    一礼 まずは一礼から。スポチャンは礼に始まり礼に終わります。 ですがスポチャンは遊びから始まったスポーツのため武道ほど礼儀に重きをおいておらず、比較的自由な気風があります。

    攻撃

    面、胴、足への攻撃です。基本動作ではこれに小手と突きを合わせ、一連の動作としています。
    スポチャン面 スポチャン胴 スポチャン足

    防御

    スポチャンは「相手に打たせない」ことが大事です。これ以外にも多様な防御方法があります。
    スポチャン上囲い スポチャン反りよけ スポチャン胴引きよけ
    上囲い。上段の受け。 反りよけ。 胴引きよけ。
    スポチャンの試合
    スポチャン試合前 試合開始!
    一度でも打たれたら負けのため、とても緊張します。
    スポチャン素早い動き 一度動き出したら互いに打たれまいと防ぎつつ、相手に打ち込みます。素早い攻防が繰り広げられていきます。
    スポチャン一本 一本!!
    一瞬の隙をついて肩に打ち込みました。
    スポチャンは、「当てたら勝ち、当てられたら負け」という単純明快なルールのため、様々な攻撃方法やよけ方など自由な発想ができます。
    ルールに準ずればどんな攻撃や受け方をしてもよくなっています。 実際にスポチャンをやってみて、回転しながら相手に仕掛けたり、武器の持ち方を自分なりに工夫しながら戦うのがとても楽しかったです。
    また、全国大会だけでなく国際大会もあります。詳しくはスポーツチャンバラ公式サイトから。

    ■ 取材協力 仙台スポチャンClub