スポーツスタイルミヤギ スラロームスケートボードレポート 宮城・仙台のスラロームスケートボードを紹介!
  • ホーム
  • 掲示板
  • サークル
  • ブログ
  • スラロームスケートボードレポート

    掲示板 サークル ブログ スポーツ体験記
    スラロームスケートボードってなに?

    スケートボードの種類の一つで、地面に一列に置いたパイロン(三角形のコーン)を間を縫うようにジグザグに滑り、スピードを競う競技。

    宮城・仙台のスラロームスケートボードイラスト
    スラローム世界大会の動画



    スラロームスケートボードについて

    スラロームの特徴

    スケートボードのスラローム競技とはレース競技です。
    一般的なスケートはトリックを極めるのが主体となっていますが、スラロームは等間隔に置かれたパイロン(三角形のコーン)の間を「いかに早くすり抜けるか?」を競います。

    スラロームの面白さ
    スラロームの面白さは「競技として勝敗が分かりやすい。コンマ1秒を縮めるためのプランを考えるのが楽しい。」と競技者は言います。



    スラロームのコースについて

    約20cmの高さのパイロンを1.6M(ショートスパン)か2.1M(ロングスパン)の幅で等間隔に置きます。
    パイロンは1本倒すたびに0.2秒のペナルティが課せられ、4本倒すと失格となります。
    ショートスパンの方がコーンをクリアする難易度が上がります
    コースの長さは競技によって違いますが、50M程度です。
    主に平地でレースを行いますが、坂道で行うこともあります。

    スラロームスケートのコース/宮城・仙台

    スラローム用の板について

    デッキ(足を乗せる板)について/宮城・仙台

    デッキ(足を乗せる板)について
    レースに使用する板には様々な種類があります。
    弓なりの形状のもの(キャンバータイプ)、特殊素材を挟み込み板の反発力を強化した物などがあります。

    写真下は1970年代のオールドなスタイルを意識した形になっています。





    ウィール(タイヤ)について/宮城・仙台 ウィール(タイヤ)について/宮城・仙台

    ウィール(タイヤ)について
    スラローム用のウィールは普通のものと比べて大きく、かつ柔らかくできています。
    これは、レースにおいてスピードと鋭いターンが求められるためこのような姿に進化しました。
    径が大きいとスピードがつき、柔らかいとターン時によくグリップが効きますが、柔らかすぎるとスピードが落ちるデメリットもあります。



    トラック(板とウィールを繋ぐ部品)/宮城・仙台 トラック(板とウィールを繋ぐ部品)/宮城・仙台

    トラック(板とウィールを繋ぐ部品)
    前部のトラックは可動域が広く、左右に動きます。
    この可動が鋭いターンを生み、スピードをつける元となっています。



    スラロームスケートボードでの走り方
    チクタク/宮城・仙台 チクタク/宮城・仙台
    ①つま先を上げ、左側に体を振る ②かかとを上げ、右側に体を振る

    スケートボードの技術の一つ「チクタク(体と板を左右に振り、加速させていく技)」を使って前に進みます。
    常に力強いターンで次々に迫るコーンを縫って走る為、両腕を振り常に次のコーンをクリアするための動作が必要とされます。

    この動作を繋げ、以下の写真のようにスピードをつけて滑ります。





    スラロームスケートボードの始め方
    宮城・仙台のスラロームスケーター甲地さん

    宮城県ではスラロームのサークルやクラブといったものは少なく、それぞれ個人で練習しレースに出場しているという現状です。

    「スラロームをやってみたい!始めたい!」と考えている方は、仙台のスラローム第一人者、甲地裕介 (かっち ゆうすけ)さんに連絡を取ると良いでしょう。

    甲地さんは全国各地で行われているスラロームレースに、常に上位に食い込むプレーヤーです。


    なぜ、スラロームを始めたんですか?
     もともと僕はストリートスケーターでした。今でももちろん続けていますが、体も10代の時ように動かないし、正直な話体への負担が大きくてつらいです(笑)
     コンテストに出場してあの緊張感をもう一度味わいたい!と憧れだけがありました。
    そんな中、ある日お世話になっているスケートショップにてスラロームのコンテストのビデオを見せてもらいました。 そこで活躍するトップスケーターたちはなんとほぼ40代(笑)これだったら自分のほうがぜんぜん若いし勝てるんじゃないかと。 実際に大会に出場してみるとまったく歯が立ちませんでしたが。
     この競技については年齢は関係なく、体力じゃなく技術で勝負できる所に惹かれたという事がきっかけでしょうか。

    甲地さんの戦跡
    2009年 AJSA 鵠沼デュアルスラローム ロングスパン Bクラス 4位
    2010年 AJSA 城南JAM フルプッシュスラローム Bクラス 4位
    2010年 マイアミ浜カップ ロングスパン オープンクラス 3位
    2010年 AJSA 鵠沼デュアルスラローム ロングスパン オープンクラス 5位



    国内でのスラローム大会の様子
    宮城・仙台のスラロームスケーター甲地さんが出場した大会
     
    宮城・仙台のスラロームスケーター甲地さんが出場した大会
     
    宮城・仙台のスラロームスケーター甲地さんが出場した大会 宮城・仙台のスラロームスケーター甲地さんが出場した大会

    2010年 AJSA 城南JAM フルプッシュスラロームの動画