• ホーム
  • 掲示板
  • サークル
  • ブログ
  • インディアカ体験記

    掲示板 サークル ブログ スポーツ体験記
    インディアカってなに?
    羽根のついたバドミントンのようなボールを、ネット越しに手で打ち合う団体競技。
    バレーに似たスポーツです。
    羽根がついているため、滞空時間がとても長い。
    インディアカのイラスト
    滋賀県のインディアカ紹介動画
    インディアカの「誰でも楽しめる」というフレンドリーな感じが伝わる動画です。
    インディアカの概要

    インディアカのボールについて

    インディアカのボール 羽根について
    羽根が空中で抵抗となり、スピードが遅くなります。

    ボールについて
    手のひらサイズのボールはコントロールしやすくなっています。

    コートについて

    インディアカのコート コートは、バレーの形式とほとんど同じです。
    中央に2m程度の高さのネットがあります。

    幅 … 約13m
    縦 … 約6m

    ルールについて

    人数 … 4対4。国際ルールでは5対5。
    点数 … 21点1セット。3セットマッチで行い、2セット先取したチームが勝ち。
    試合の流れ
    ・サーブを相手コートに入れる
    ・レシーブ、トス、アタックを駆使して相手コートにボールを入れ点数を取ります。
    ・3回以内に相手コートに返さなければいけません。
    ・ボールを打つには肘から上で、片手でやらなければいけません。

    このように、ボール以外はバレーによく似たスポーツです。
    インディアカの技について
    サーブ トス
    サーブ
    1打目に下手打ちで、相手コートにサーブを入れます。
    トス
    来た球を手のひらで味方の打ちやすい場所に上げます。
    レシーブ アタック&ブロック
    レシーブ
    ボールが落ちないよう、相手からの打ち込みを拾います。
    アタック&ブロック
    相手陣地に激しい打ち込みをするアタックと、それを防ぐブロックです。
    バレーに似たスポーツ、インディアカ。コントロールしやすいボールは、滞空時間も長いため初心者でも失敗は少なくいです。
    サーブは高確率で決まり、レシーブもしやすいです。経験者と一緒に試合をしても、ボールコントロールがしやすいためミスが少なく楽しめました。
    上手な人たちは、ブロック・スパイク等をこなし、スピーディーにボールを打ち合っていました。