• ホーム
  • 掲示板
  • サークル
  • ブログ
  • 宮城・仙台のスポーツニュース


    ※写真クリックで拡大
    仙台の国分町で行われたダンスパーティーに潜入取材!
    ~ダンパってどんなイベント?~

     ダンスパーティーとはどんなイベントだろうか? 一般的にはたくさんの人が集まってダンスを楽しむ催しとされている。 日本では1960年代以降のディスコブームが思い出されるだろう。

     さて、そのダンスパーティーが12月19日、国分町にあるパブ「ボギーズ」にて行われるということで行って来た。 イベントは仙台のダンスサークル「T☆CREW LAND」が主催したものだ。 内容はダンスの発表会と、往年のディスコ世代がダンスを楽しむ場といったところだ。

     パーティーにはサークルメンバーを始めサークルの友人や一般の方々が約120名ほどが参加した。 ジャンルはタンゴ・チャチャチャなどの社交ダンスやブレイクダンス・ロックダンスといったオールドスクール系のストリートダンスと様々。 プロダンサーのキレの良い踊りを間近で見れるのも嬉しい。

     会場に着くと沢山の人だかり。赤や青といった激しい色彩のライトがダンスフロアを照らしている。 どこかで聞いた事があるディスコソングが鳴り始まると、カクテルと料理が運ばれてきた。 それと同時にアマチュアダンサーが踊りを魅せる。 暗闇で光に照らされる姿が格好いい。

     ディスコタイムに入ると皆自由に踊る事ができる。中年や初老の方々がフロアになだれ込み、汗だくで踊る人たちが場を更に盛り上げる。すごい熱気だ。 若い人の姿もちらほら見える。どこか懐かしいような音楽が心地よい。

     開催は今回で2回目、前回は夏に行われた。主催者の高野龍二さんは『飾らずに踊れる場を作りたかった。社交ダンスのダンスパーティーは1万円ぐらいだが、 「今夜はブギーバック」は3千円程度で楽しく踊れる飲食付きのイベント。今後も開催していきたい。』と話す。

     写 真  ※クリックで拡大