打ち合わせ

On 2011年10月31日, in 雑記, by haru

本日は午前中に打ち合わせ1件。
ダイビングインストラクターの方が独立するのを、webでお手伝いしています。
ブログも最近公開されました。 ミラクルブログ


インストラクターの方はテルさんと言って以前ダイビングを取材したときにお世話になった方です。
こういった繋がりでお仕事をいただけるのはとても嬉しい。

テルさんは何事にも興味を持って活動している方です。
今日の打ち合わせは私の事務所(というか自宅)で行ったのですが、終了後母とテルさんが出会いました。
うちの母はピアノ教師をしており、テルさんはをそれを知り

何かイベントとかありましたら、教えて下さい。自分いろんな事に興味があるので!

と言ってました。
この一言が「誘う、誘われる」の人との繋がりをつくりやすくするんだな、と。
その姿勢を自分も見習わないと。


忙しさにかまけていると、何かに興味を持ってもその思いを捨ててしまうことがあります。
そうするとどんどん自分の感覚が鈍くなっていき、感動が得にくくなってしまう。
何も感じなければ死んでいるのか生きているのか分からない。
そんなことを考えていると「ああ、旅にでてえ!」と心の叫びが・・・



午後は仕事のサイトの製作と新規ssmiyagiの製作。
ちょっとずつですが、一歩一歩進んで行かなければ。

きさくに話せて、安心料金のホームページ屋さんはないかな・・・と考えている方。
いいところがありますよ!
仙台で格安のweb製作 ハイクアウトデザイン

 

アメブロ×simplepie

On 2011年10月30日, in web技術, by haru

ブログの最新情報をカテゴリ別にして吐き出させたい。
いつもはsimplepieというライブラリを使っているのだが、これがアメブロだとちょっとめんどう。

アメブロのカテゴリ分けはカテゴリ→テーマという名称になっているため、うまく吐き出せない。
調べてみても良い情報が出てこない。

読んでも「[category] =>  」とすっかすかの状態。
categoryという名称ではなくthemeという名称で呼び寄せなければいけないのだろうか?

だとすると、そもそものsimplepieいじる必要がある。
面倒くさいな・・・

 

最近のお仕事

On 2011年10月24日, in 雑記, by haru

最近はありがたいことに、仕事(主にweb製作)のお話をいくつか頂いており、ちょっとずつ忙しくなっています。
先週は打ち合わせの嵐。本日は製作の一日。

誰かに必要とされるというのは、とても良い事だ。
期待をかけて頂いているのだから、その声に応えるようしっかり一歩ずつ進みたい。

ssmiyagiはちょっと遅れ気味だけど、構想は大分固まった。
初回うまく行くかは分からないけど、「顧客のニーズ」をしっかり意識していれば大丈夫。
駄目だったらトライ&エラーを繰り返せばよい。
いつかは目指すところにいけるはず。
20代の失敗は全て財産だ。

ブログももう少し更新していかなきゃな・・・

 

■そもそも先進国とは?
高度な工業化と近代化の発展により、「インフラ」と「生活水準」の高い経済が発展した国家のこと。
つまり、一部の特権階級ではなく国民全体の生活水準が高い国家を指す。

■スポーツ先進国とは?
国民全体がスポーツから利益を享受できる環境を構築できている国家を指すと思う。
つまり「スポーツを楽しみやすい国」がスポーツ先進国と定義。

■世界の中のスポーツ先進国とは?
どうやらドイツらしい。(※スポーツ先進国 ドイツに学べ!/笹川スポーツ財団)
他にもオランダなどもスポーツがし易いそうで、その理由は「総合型地域スポーツクラブ」があるからだ。
ヨーロッパの多くの地域では、住民が自主的にクラブを運営し、老若男女あらゆるレベルでスポーツを楽しんでいる
ちょっとデータが古いが、ドイツは2,500万超の人々が85,000ヶ所に及ぶスポーツクラブに所属している。(※1998年)

■で、日本は?
ちなみに日本は2500ヶ所。国内の総参加人数は出てこなかったが、9割のクラブが1000人以下、300人以下が6割の会員数だという。(※2009年)
知名度も「知らない」が70%、「聞いたことがある」が19%。(※2005年)

■なんで日本は会員数が少ないのか?
・定期的に参加できない
・時間が無い
・身近に施設が無い

などがある。
会員数の低さには、知名度とターゲットの選定の問題もあると思う。
総合型地域スポーツクラブは主に子供と老人をターゲットとしているように見える。
宮城県の総合型地域スポーツクラブをちらほら見たが、どれもそうだった。※参照

また、一番人数が多い世代20~60代が遊びに行ける感じではないのも、知名度の低さに貢献している。
この世代は社会人として活発に交友関係を広げる世代だ。
10代や70代以降は閉じられたコミュニティ(学校や町内会)に生活するため、情報の拡散が期待できない。

■日本で総合型地域スポーツクラブをうまく運営するには?
ヨーロッパでは住民主体で運営しているそう。そのためクラブが
1.安い
2.どこにでもある
3.サービスが多様(フェスティバルや演奏会、旅行など。もはや友達との遊び感覚?)

日本で住民が主体的に運用するには若い世代(20~60代)が遊べるようにしてはどうだろう?
その利益をペイする一つの手段として運営を義務づけてはどうだろう?
いつもの遊び場で、気の合う友人同士だったら「やったるか!」という気持ちになりやすい(と思う)。
ヨーロッパではそこんところを「名誉職」とうまく名づけてモチベーションアップをはかっているそうだ。
→ここのところをもっと知りたい。

そんな総合型地域スポーツクラブが自分の近所(仙台市若林区)には無いのが残念。
近くて青葉区八幡か泉区。
そんでもって参加するには自分が20歳若いか40歳年をとらなくちゃいけない。
ふらっとバスケとかしたい。