1、キャッシュの保存場所を指定し、インスタンスを作成
2、キャッシュが有効かどうかをテスト→$Cache_Lite -> get(‘キャッシュ’)
 2-1 キャッシュデータが存在しない場合,データを作成。以下例
  $array = array(‘おはよう’,'こんにちは’,'さよなら’);//配列データを作成。このままだとキャッシュに保存できないので・・・
$Cache_Lite->save(serialize($array));//serialize(値の保存可能な表現を生成する関数)で、キャッシュに保存可能な形にする。

 2-2 キャッシュデータが存在する場合。
$array = unserialize($cache);//unserializeでserialize化されたデータを基に戻す。

■以下ソース
============================================================
$options = array(‘cacheDir’ => ‘キャッシュの保存場所’);
$Cache_Lite = new Cache_Lite($options); //インスタンスを作成

// キャッシュがヒットした !→$cache に入っているコンテンツを表示
if ($cache = $Cache_Lite -> get(‘tes’)) { //キャッシュされているかどうかの判定と、キャッシュ内容の出力。
echo ‘キャッシュされた配列。’;
$array = unserialize($cache);
     print_r($array);
} else {// 有効なキャッシュが見つからなかった →$cache に入るコンテンツを生成
echo ‘キャッシュされていない配列。’;
$array = array(‘おはよう’,'こんにちは’,'さよなら’);
print_r($array);
$Cache_Lite->save(serialize($array));
}

 

ソーシャルプラグイン

On 2011年7月27日, in web技術, by haru

■FACEBOOKプラグイン

http://developers.facebook.com/docs/plugins/ ここにアクセス

1、「いいね!」ボタンhttp://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like/
FBでいいねって言うボタン
リンクにアクセスし、
・URL to SendにサイトのURLを入力。あとはいじれば分かる。
・”en_US”を”ja_JP”に変更
・getcodeでソースを取得→貼り付け
※注意! Only verified developers・・・というエラーメッセージは「facebook」のcookieを全消去すれば表示されません。

2、「いいね!」ボックスhttp://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/like-box/
・URL to SendにはfacebookページのURlを入れる。
あとは上と同じ感じ。
2、コメントhttp://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/comments/
・URL to SendにサイトのURLを入力
・”en_US”を”ja_JP”に変更
・getcodeでソースを取得→貼り付け
※その他カラーとかwidhtを設定

3、送信ボタン http://developers.facebook.com/docs/reference/plugins/send/
FBグループに向けてメッセージを送信するプラグイン。いいねボタンとともにいじると「いいね」「送信」が2つ並ぶ
上記とだいたい同じ。簡単にできる。

■ツイッター
・ウィジェット表示
設定>プロフィール>Web(あなたのWEBサイトにもTwitterを表示させよう)>ウィジェット>自分のサイト>プロフィールウィジェット

そのうちmixiも追加