三大北壁の1つ、アイガー北壁(高さ1800mの岩壁)。
スイス最速のアルピニスト、ウエリ・シュテック氏
彼は普通2日間かかるところを、なんとソロで2時間47分33秒で登ったという。
この壁は1935年~1958年までに25回の登頂が試され、死者が15名に及んだものの、13回67名が登頂に成功している。

 
 

 
 
素直にすごいと思う。
こちらに写真もある。
 
 
「シュテック氏のクライミングの才能は天性のものだが、彼はトレーニングを規則正しく行っている。オリンピック選手についているトレーナーのもとでのトレーニングを絶対に欠かさない。その結果、彼は指先を使った片手懸垂やランニングを準備運動なしに3時間も行うことができる。」

これも才能と日々の積み重ねだろう。

 

Mysql メモ

On 2011年4月26日, in web技術, by haru

■auto_increment(オートインクリメント)
主キーをintにしてオートクリメントにすると、自動で順番が振られる。
AUTO_INCREMENTが設定されたカラムには自動的に連番の値が格納されていきます。初期値は1でデータを追加する時に、対象のカラムの値が NULLまたは0だった場合には、1つ前にデータを追加した後に対象のカラムに格納されている最大の値に1を加えた値が格納されます。
※http://www.dbonline.jp/mysql/table/index7.html より抜粋
 
 
■unsigned(アンサインド:属性)
負数をカバーしない。その分扱える正の値が増える。
例えばTINYINT型では通常扱える範囲は-128~127。しかしUNSIGNEDを定義することで0~255になる。
つまり、無駄な範囲をカバーしなくてもよくなる。
 
 
■index(索引)
検索を速く行うために、よくselectするキーにindexで索引をつける。
あまりつけすぎては×

 
 
■JOIN・・・(cakeはアソシエーション)テーブル結合(複数テーブルの連携)
(レコードに対して、複数のレコード、別テーブル同士。idで情報を特定する。)
1対1 hasOne
1対多 hasMany
多対1 belongsTo
(1個のテーブルに複数のフィールド)多対多 hasAndBelongsToMany・・・検索に使われることが多い
全てのテーブルはプライマリーキーで繋がっている。
 
 
■idのつけ方
照合順序(コレート:collate)・・・検索結果に影響。utf8の文字コート番号順に結果が反映。文字化け関係なし。
 
 
■テーブルの作り方
はじめに一通り使うデータをテーブルとしてまとめる。
これを複数の表に分ける。これを正規化という。(第一正規化)
例えばssmiyagiのサークルテーブルは、サークルを判別する情報(id、名前、メール、パスワード等)「サークル情報」と、サークルのプロフィール(活動日時、会費なんか)をまとめた「サークルプロフィール情報」に分けられる。
こうすることにより、システム寄りの情報とサイト閲覧者寄りの情報に分けられる。
何の意味があるかというと、テーブルを分けるとログイン認証なんかで全てのデータを検索する必要がないため、ロスが少ない。

ちなみにシステム寄りの情報を「マスタ系」、ユーザ寄りの情報を「レコード系」と言う。
idで繋がり、レコード系は時系列でデータが増えていく。
idで繋がる場合は主キー(マスタ)と外部キー(レコード)で繋がる。主キーの値が決まると、レコードの値が決まる。(第二正規化)

更に主キー以外で同テーブルの列の値が決まらないようにした表を「第三正規化」というのだが、たぶん使わないだろう。

■検索方法
・副問い合わせ
(カッコ)をつかって問い合わせのなかに問い合わせを入れる手法。
・相関副問い合わせ
(カッコ)の外側で指定された表を使うときの手法。select文で取得したデータを内側(カッコ)に渡す。

■仮想テーブル
ユーザーから見たときのみ存在するテーブル。ビュー、テンポラリがある。
create view テーブル名 as “SQL 文”

create temporary tableで作る。
テーブルは接続ごとに消去される。

 

cakephp サイトの作り方 メモ

On 2011年4月21日, in web技術, by haru

■「とりあえず動く」cakeの使い方。
====================================
1.コントローラを用意
継承クラスを使うのがルール。
class クラス名 extends AppController →処理を書く
app\controllers\クラス名_controller.php に用意
この際、
public $autoLayout = レイアウト(DOCTYPEやmeta情報など)の表示を、true⇔falseでオン⇔オフ
public $autoRender = あらかじめcakeで用意されたデータの読み込みを、true⇔falseでオン⇔オフ
※$autoLayoutは$autoRender無しでは動かない。
※最もシンプルなcakeでのwebアプリはコントローラのみで作る。


2.ビューを作成
まず、ファイルを作成・・・app\views\クラス名のフォルダ\index.ctp
ファイルの中に表示したい文字や画像を書く。(htmlとほとんど同じ)
$autoRenderをtrueにする。

====================================

■レイアウト&CSSについて
既存レイアウトは(ヘッダとかフッタとか)cake\libs\view\layouts\default.ctp に用意されている。
既存レンダリング(コンテンツ)はapp内ではなくcake内にあるlibs\view\layouts\default.ctp
既存cssは app\webroot\css に用意されている。

自作レイアウト(ヘッダとかフッタとか)を作成する場合、app\views\layouts\ にクラス名.ctpを用意
呼び出し:コントローラでpublic $layout = “クラス名”;で呼び出す。

自作レンダリング(コンテンツ)はapp\views\クラス名のフォルダ に呼び出したいファイル名.ctp を用意。デフォはindex.ctp
呼び出し:上記.ctpファイルを、app\views\layouts\にある.ctpファイル内のに収める。


自作cssは app\webroot\css にcssファイルを用意。名前は「クラス名.css」。
呼び出し:ctpファイルにecho $html->css(‘クラス名.css);を用意

そしてコントローラのレイアウト設定を
public $autoLayout = true;
から
public $layout = “Test”;
にすることによって、デフォルト設定から独自設定へ切り替わる。


■RSSヘルパー導入について
これが参考になった。

========================
・cakeのライブラリ的なもの
ビュー⇔ヘルパー
モデル⇔ビヘイビア、アソシエーション(テーブル結合)
コントローラ⇔コンポーネント

これを3つまとめたものがプラグイン

========================
今後は付け足ししながら書いていきます。

 

今週で4回目。松島も大分片付いてきた。
 
しかし、まだ片付いていないところが。
 

 
ハーバーの運営委員会の管理事務所。通称「中川ハウス」だ。管理してるのが中川さんだから中川ハウス。
もとあった場所から10mぐらい流されていた。ちなみにこれは3/26の写真。
 
 
 
震災から1月以上が経ち、やっと管理事務所も元の場所へと戻ってきた。

しかし、中にあった棚やテレビ、机なんかはぐっちゃぐちゃ。
中川さんは物を大切にする人なので、古いもの・まだ使えるものは綺麗に整理されて小屋の中にたくさん置いてあった。昭和初期に作られた年代物のモーターなんかもあった。
 
一つ一つあつめて大事に使ってたもの。
それらが泥まみれになったりして使えなくなり、中川さんもどこか元気が無かった。
「どこから手をつけていいかわかんねえ」なんて言葉を中川さんから聞くとは思ってなかった。
 
 
 
大学3年の秋、海上でヨットの練習をしていたとき、突然強風が吹いてきた。
海は白波が立ち荒れ模様。
しかし自分は強風になると「絶好の練習機会!」とテンションが上がる性格なので、帰港命令が出るまではガンガン乗っていた。
しまいにはスピンを上げてジャイブ(風下への方向転換)したところ、へぐってしまい沈(船が倒れる)してしまう。
風が強すぎてなかなか復帰できずにいると、うねりによって船が海面で上下し、しっかり留めてた舵ががたついてとれてしまった。
舵とは車で言うハンドルのことだ。
運転中にハンドルがスポッと取れてしまったかんじ。
相当にデンジャーな状況だった。
始めはなんとか舵を確保しようと左手で船、右手でとれた舵を掴んでいた。
しかし海面でうねる水の力は強く、「このままでは自分も流されてしまう」と思い舵を離してしまう。
 
松島には牡蠣を育てる牡蠣棚がたくさんある。
舵の無いヨットは流されるまま牡蠣棚の元へ行き、そのままマスト(帆をつける柱)が牡蠣棚の上に乗っかってしまう。
自分はセールに傷がつくのが嫌だったので、マストとセールを持ち上げて牡蠣棚の上で耐えていた。
そんな状況が小一時間ほど続いたとき、颯爽と救助に来てくれたのが中川さんだった。
 
荒れた海でヨットを引っ張り上げ、セールを降ろし、曳航(船を引っ張る)してハーバーまで無事体と船を帰してくれた。
その後も舵の部品の手配をしてくれ、大きく穴が開いた船の直し方を教えてくれたのも中川さんだった。
折れたマストの直し方、セールの縫い方といった「自分の手で直す」という事や、古い部品を組み合わせて使える部品を作るといった事も教えてくれた。
 

 

 
 
どんな状況も自分の手でなんとかしてきた中川さんの口から、ナイーブな言葉を聞くとは思ってもいなかった。
そんなこんなで借りのある中川さんの力になれればと思い、ぴっかぴかにしてやろうと清掃開始。
 

 
中にあった棚、テレビ、机などを外に出し、泥をかき出す。
 
 
 

 
その後は、洗浄器で(床以外は)ピッカピカ!
壁の裏や本棚の隙間に入り込んだ泥を洗い出すのがしんどかった。
 
 
 
来週も頑張ろう。

 

Baseball Clinic 竹内さんより野球の写真をご提供頂きました。


 
 
 
Baseball Clinicという、元プロ選手・プロコーチが野球を教えている教室があり、一般・中学生のクラブも運営しています。
広瀬河沿いにあるクラブは自然に囲まれているため、いい環境で練習ができそう。
 
 
 

※広瀬川の川原をランニングメニューに取り入れ、足腰の筋力・バランス感覚を鍛えるそうです。


スポーツスタイルミヤギでは、今後もtopに飾る写真を募集していきます。
皆様のご投稿お待ちしております。

 

震災でお亡くなりになられた方の、ご遺体の腐敗が進んでいます。
このままご家族の確認がとれないまま日が経つと、仮土葬や合同での火葬になってしまいます。
そしてこれは現行のことです。

この事を以下のブログで知りました。↓
============================================
被災地現地にて支援活動中の平さんのブログ
 
『どうせ地球のチリだからな。』
 
 
【超緊急】今、一番必要なもの 2011-04-12 20:00:53


女川の避難所にて、物資受付担当の方(町長含む)と安置所担当の方々と話をしてきました。
これまで、非常にナイーブなお願い事でしたので避けて来ましたが、緊急性が高いため【今必要なもの】として皆さんにお願い致します。

震災から1ヶ月が経過し、宮城もやや暖かくなってきました。
気候が緩やかになれば、気持ちは開放に向かいますが、御遺体の腐敗が進んでしまいます。
確認が取れるまで彼等の現状を保つ事が出来なければ、確認がとれないまま仮土葬や合同での火葬になってしまいます。
実際に始まっている。
家族の元に帰れない可能性が極端に高くなってしまいます。
俺は悲しい。
変わり果てようとも家族には何としても会いたい。
息子、娘、旦那、嫁、彼女、彼氏…
自分の大好きな人達には、何としても会いたい。
会いたいなら会わせてやりたいと思うのが腰痛持ちの俺達です。
食べ物や古着を持っていって、断る役場の彼等が、
「これは気付かなかった。」
と言った物資。
【ドライアイス】
大量のドライアイスをガンガン届けたい。

先ずは、家族が揃うこと。
誰も動いてないので俺達が動きます。
水面下で動いて頂いていた全国の皆、どうもありがとう。
今日から堂々と【ドライアイス】を手配してもらえませんか?
止める時期は集まり方を見て決めます。

【追記】
助かった方々への支援物資は、現在はまだ直後という感じが薄らいでいないため集中し【ないものはない】とは言われました。
しかしながら嗜好性や好みは人それぞれですから、満足感に達したという話ではありません。
俺が欲しいものと我妻やタケチンが欲しいものは違う。
それと同じです。
【何が必要か?】
という問いには、
【今はなんとか足りているから、この支援がなくなるのが不安。少量でいいから長期的な支援】をお願いしたい、ということでした。
但し、少量とは言えメッチャ大量です。
長期の話です。

どうか理解の輪を拡げて下さい。

平一家は諦めない。
急ごう。
進行してしまう。

============================================
現在、たとえご家族と逢えても(身元判明しても)、
現地では荼毘に付すには2~3週間待ちとのこと。
その待機期間分を含め、継続しての支援が必要です。

支援対象は被災地全域。
14日時点で被災地全域の安置所に
1145名の方が安置されてご家族を待っていらっしゃいます。
============================================


とりあえず5000円ぶっこみました。
新聞配達のアルバイトをして生計を立てている自分にはこれが精一杯。

自分の周りにも亡くなった人もいて、先輩は不幸中の幸いにも綺麗な姿で見つかった。
消防士の先輩は閖上の水門を閉めに行って、そのまま見つからなくなった。
勇敢に皆を非難させて、津波と戦った。
その先輩は無事東京で火葬をすませることができました。

でも、家族とまだ会えない。会っても埋葬の手筈がつかず、日に日に変わってゆく身内の姿をただだまって見守るしかない人たちがいる。
その人たちのことを思うと胸が痛む。


500円でも1000円でも5000円でも、かきあつまれば山となる。
この1ヶ月で心を痛ませる人が少なくなるのを願って。
想いが広がれば、嬉しい。

入金はこちらから↓(この支援を取り纏めしているブログ)
http://tairasupport.blog90.fc2.com/

 

cakeまだまだ&結果報告

On 2011年4月14日, in web技術, by haru

bakeの使い方はとりあえずわかった。
simpletestはまだよくわからない。
cake1.3ではsimpletestだが、今後cake2.0以降はPHPUnitが主になるらしい。

cakeのsimpletestに関して、情報は日本には少なかった。
海外の技術系掲示板からネタを仕入れられる若林さんて素敵。

僕も英語ペラペラになりたい。
そんでもってオープンソースに貢献できるぐらいの腕前になりたい。


bakeを使ってみたけど、参考書通りにやったらとりあえずできましたよ。
って感じで、実践してみるのはまだハードルが高い。
細かい調整がイメージできない。
MVCそれぞれを使い込んで、形にしていくまでの姿がまだ見えないな。

次はヘルパー関連の使い方をマスター。HTML、js、JQuery、Ajax、RSSなどなど。
それと先日書いたエントリーで「ページの自動生成」について書いたけど、Cakeで「ページネーション」ってものがあんのね。
知らなかった。
その他にもいろいろ若林さんがまとめたものがこちら→pagination ページ分け 自動処理(bonnezouse)
 
 
 
 
 
 
 
 

またスポーツ関連で取材したいのが3件ほどある。
勉強ばかりでなく、サイト運営も動かなくては。
明るいニュースを届けよう。
なので、県内でスポーツイベントなんかがありましたら駆けつけますんで連絡下さい。
取材しに行きます。

それと、3月の結果報告。
 
 
 
訪問者数 2982→10247
訪問回数 5684→15377
ページビュー 21697→35782
 
 
 
アクセスが3倍ぐらいになったけど、それは震災関連の情報を発信していたから。
先月は「何かをしなければ」って感じで動いていたから、スポーツ関連の情報は発信しなかった。
というか震災直後はスポーツよりももっと伝えることがあるだろう。と思っていた。

色々あった1ヶ月だった。
そしてこれからも。

そういえば、仙台市が瓦礫を撤去していくようです。
ボランティアセンターに問い合わせると、来週からたくさんの人手が必要になるそう。


 

URL自動リンク機能を追加しました

On 2011年4月12日, in web技術, by haru

URLを打ち込むと、自動にリンク機能になるようにしました。
というか、いままでやらずにごめんなさい。
 
 
 
■■■つけたところ■■■
・掲示板・・・主題とレス(返信)の文にURLを入れると、自動でリンクに変換されます。
例)http://ssmiyagi.com/bbs/bbsres.php?genre=allsports&threadno=1

・サークル・・・サークル紹介文にURLを入れると、自動でリンクに変換されます。
例)http://ssmiyagi.com/circle/circle.php?genre=yacht&no=1

現在リニューアルに向け勉強中&構想中です。
よりリアルタイムに。より多量に。より人間味がある。そんな情報サイトを目指して作っていきます。

 

復興写真投稿サイト 「復興の兆し」正式オープンしました


 
 
 
携帯からの投稿はこちらから

 
 
 
 
 
このサイトは現在の復興状況を写真で撮って、リアルタイムで発信していくサイトです。
より長い間、被災地を頭の片隅に留めて欲しいという思いから作りました。
 
使い方としては、瓦礫の撤去前と撤去後を写真で撮影し「綺麗になった!」とか
募金したときに「みんな頑張ろう!」とコメントして写真を撮るとか
はたまた被災地の方々が自身の元気な姿を投稿するとか
その他もろもろ復興的な写真がありましたらガンガン投稿して頂けると嬉しいです。

 
 
震災から一月。仙台中心地は落ち着きを取り戻してきたものの、沿岸地の復興はまだまだ先に思えます。
沿岸地区は未だに泥と潮の匂いがし、あちこちに車・瓦礫・泥が残っています。
 
こちらは昨日(4/9)の塩釜の様子です


マリンゲート
 
 
 

松島→塩釜→多賀城の道端には、至る所に災害ごみが溢れている。
でむ、道路も綺麗になり少しづつ元通りになってきています。
 
 
 
 
メディアで多々放送されるように、ほかにひどい地区はもっとあります。
様々な方々が言うように復興にはかなりの長い時間、金、人手が必要とされるでしょう。
より多くの人々による継続的な人的援助(ボランティア等)、金銭的援助(寄付等)などが被災地を助けます。
 
 



 

松島の片付けも3回目に入り、大分綺麗になってきた。


今日は未だハーバーに残る泥を片付け。
3000袋用意した土嚢袋を使い切ってもまだある泥。
泥の量は10分の1ぐらいにはなったか?
 
 
 

水がやっと出るようになったので、艇庫のものを全て外に出して泥を洗い流す。
 
 
 

高圧洗浄器ってすばらしい。泥があっというまに落ちていく。
 
 
 

泥だらけのレーザーセイルも洗って干せた。
直子さん、来てくれてありがとう!
 
 
 

最初の頃と比べると、かなりぴかぴか。震災前より綺麗になったんじゃないか。
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は曲がった鉄柱も直しました。

鉄柱にワイヤーをひっかけます。
 
 
 

続いて、いかつい機械を投入。こいつで1トンのものを引っ張り上げられます。
滑車みたいなもので、軽い力で重いものを引けます。
 
 
 

この機械をジョイントにして、鉄柱と金具を繋げます。
こういう工具って格好いい。でかいスパナとか電動工具とか見ると興奮します。

 
 
 

あとは引くだけ。徐々に鉄柱が真っ直ぐに。
 
そしてこのような道具を適所において使いこなせる、ハーバーの諸先輩方は凄いと改めて思いました。
多種多様の道具を知り、場面に応じて使い分けれるって大切。
 
 
 
来週も頑張るぞ!