■■■ ユーザー ■■■
1.ユーザー(書き込みを主にする人)
1-1.ユーザーターゲット層
ユーザーは「書き込んでもらう」世代をターゲット層とする。
イメージとしてはスポーツ活動(楽しむ+普及)のモチベーションが高い人
・普段日中仕事をしていて、仕事終わりの夜や週末にスポーツ活動をしている人。
・クラブにおいて代表もしくは広報的なポジションについている方。
・年齢層はおおむね30代~60代。性別は男性7割、女性3割。
 
1-2.ユーザーの行動理由
なぜ書き込みたいか?→仲間が欲しい→書き込む→アクセス数・レスがある→お客さん来た→書き込む→仲間増えた
このように書き込みがあるサイトには「コミュニケーション」が前提となる。
 
 
■■■ ビュアー ■■■
2.ビュアー(閲覧を主にする人)
2-2.ビュアーターゲット層
ビュアーはスポーツや健康に興味があり、スポーツを始めたい人を仮定。
・現在スポーツとは縁が遠く、かつ運動不足の改善やストレス発散がしたいと考えている人。
・友人などの仲間が欲しいと感じており、かつその手段にスポーツが近い人。
・新しいことを始めてみたい人。
・普段日中仕事をしていて、夕方や週末の予定が空いている人。
・定年退職を向かえ、健康維持のために新しい運動・スポーツを始めたい人。
・年齢層は20代~80代と広く設定。性別は男女5割づつ。
 
2-3.ビュアーの行動理由
なぜ見るのか?→量・種類・質(参加レベル)がそろった沢山の情報があるから→それだけで楽しいか?→いいえ。→ではどうしたら楽しいと感じるか?
・情報の裏に人(コミュニティ)が見え、自分がその人(コミュニティ)とわいわいやっている姿をイメージできる。
・不健康な体から美しい体になった自分をイメージできる。
・新しい事を始めた、その世界にいる自分を想像できる。例えば「ボクシングやっている俺ってストイック!」とか「テニスで汗を流す私ってすてき!」とか。
そのように新しい自分をイメージできるサイト。
 
 
■■■ 3.他大手サイトのコミュニケーション ■■■
他の大きなコミュニケーションをとるサイトを考えてみる。
□mixi・・・最初から友達同士で話すため、レスがつく。
□はてなやOKwaveのような質問サイト・・・疑問+回答という明確な意思疎通。ポイントgetなどの金がからむ仕組み。
□2ちゃん・・・匿名性があるから言いっぱなしでOKなため、レスがつく。
また、これらのサイトが生まれた時は、web上でコミュニケーションがとれるサイトが数少なかった事も理由として考えられる。
 
 
■■■ 4.ssmiyagiでのコミュニケーション ■■■
ssmiyagiでのコミュニケーションの「理想」にはどのようにしたら近づけるのか?
 
まずは仮定として
情報量の少ないサイト=アクセス数が少ない=レスが少ない=コミュニケーションが起こらない。
という連鎖が考えられる。
なので情報を半自動的に集め、宮城県で「スポーツの入り口が沢山ある」という見せ方をweb上ですれば良いのでは?
また、集めた情報を基にコミュニケーションがとれる仕組みを考える。
 
キーワードとして
・多種多数の情報を半自動的に集める。
・コミュニケーションがとりやすい、リアルタイムな情報
の2点が大事だと思う。
 
このキーワードを基に、今後は「書いて返事が来る」、「見て楽しい」サイトを目指す。
 
 
■■■ 5.達成する目標 ■■■
宮城県内のノン・アクティブスポーツ人口(宮城県民の1799000×ノン・アクティブスポーツ人口86.87%=1562791.3人)のうち30%による月に1度のアクセスを目指す。
つまり上記人口の1%(約1万5千人)が毎日3ページほど見てくれるのが目標。
1日15000×3PV=45000PV
30日×45000PV=1350000PV
月間1350000PVを目指す。
ちなみに現在は月間25000PV程度。
 
期限はサイト再構築後1年。
 
更には、サイト閲覧者が新しいスポーツライフを始めた人を目標数値化したいけど、どう算出できるかイメージできないためもう少ししたら考えよう。
できるかどうかの根拠は無いが、まだまだ目標まで遠いが少しでも近づきたい。
 
 
 
 
 
※ノン・アクティブスポーツ人口
ノン・アクティブスポーツ人口とは、アクティブ・スポーツ人口の反対の意味。
県内のアクティブ・スポーツ人口 ※13.13%
県内のノン・アクティブスポーツ人口 ※ 86.87%
【アクティブ・スポーツ人口】・・・週2回1回30分以上、主観的運動強度「ややきつい」以上の運動をしている人口
笹川スポーツ財団による都道府県のスポーツライフ・データ(2000~2008)
 
※コミュニケーションについて
余談ですが、コミュニケーションとは「ある情報を提供し、人が(肉体・精神的に)動かすこと」と定義しています。
肉体的に動くとは、スポーツの情報があったら実際にやりに行く・やっている人にコンタクトをとるといった物質的な動き。
精神的な動きとは、今まで名前を知っていたけど実際にやるまでに至らなかった(自分とは遠い世界だと思っていた)スポーツに興味を持つ。といった内面的な動き。

 

スポーツスタイルミヤギ(以下ssmiyagi)で提供する価値は「見てくれる→書き込んでくれる→(スポーツ活動へ)動いてくれる」仕組みを作ること。
それぞれの利害関係者を整理。
 
 
■■■ 理想 ■■■
 
1.ユーザーwin(書き込んでくれる人。主にクラブの代表や広報担当者。)
書き込んでくれたビュアーが得ている価値=自クラブの情報を広く公開できる、認知してもらえる。書き込んだ内容に対するレス。体験者・仲間come。
 
2.ビュアーwin(サイトを見てくれる人。主に何かスポーツを始めたい人。)
見てくれたユーザが得ている価値=スポーツの情報を知れた。新しいスポーツライフを始められる。色んなスポーツから自分に合った種目を探せる。
 
3.製作者win
運営側が得ている価値=宮城がスポーツを楽しめる地域になる。山系、海系、平地系それぞれのスポーツを気軽に楽しめる友達ができる(ちょっと個人的)。
アクセス数が上がって飯が食えるようになる→もっと大きなことできる。
 
 
 
 
これら3点が現実のものとなっているのが理想。
さて、現在のssmiyagiはどれも満たせているとは言い難い。
なので次は現実を整理。
以下は運営者から見たイメージ
 
 
■■■ 現実 ■■■
 
1.ユーザー(書き込んだ人)が思っている(であろう)こと。
・とりあえず書き込んでみよう!書き込んだらすぐに反映されるから便利だな。
・レス(返事)が無いな・・・
・毎回イベントの度に書き込むのめんどい。
・コミュニケーションが無いと面白くないや。
→書き込み少なくなる。
 
2.ビュアー(見た人)が思っている(であろう)こと。
・宮城県に特化したニュースサイトかな?スポーツが主みたいだ。
・掲示板やサークルがあるから見てみよう。種目もすごい多いな。
・マリンスポーツやりたいんだよな~。どれどれサーフィンの情報を調べてみよう。
・ぜんぜん情報無いや。ブログだけは多いみたいだけど。
・情報スカスカで面白くないや。
→見なくなる
 
3.製作者が思っていること。
こりゃいかん!
 
 
 
 
 
 
 
まずは現実と理想のギャップを知る。
次は策を整理。

 

■現状のだめな(使ってもらえない理由)点
・使いにくい・・・おっくう。
・知られていない。
・何をできるのか?(ユーザーの満足・成功体験)デザインが分かりにくい。
・サイトの内容がまとまっていない。
・「人」や「コミュニティ」との「繋がり」を感じられない。
・どう利用して欲しいかのビジョンが無い。
・レスが少ない。
・ブラウザによってトップページのデザインが荒れる。

■どんなサイトにしたいか?
自分の生活をより良いものにする。
そのための1つの手段として、スポーツを日常に取り入れるための「情報」を得られる。
そんなサイトを目指す。
・情報の多数、多様性。
・コミュニティを感じられる。単なる情報だけでなく、リアルタイム・生の情報。


■今後どうでありたいか?
「自分が住んでいる社会はよいところだ」と感じられる。そんな「システム」を構築する。

■何に力を集中するか?
・情報の自動収集→発信。それを実行するためのシステムづくりと外回り。

■サイトリニューアルの概要
・AIPや既存のwebシステムを使い、より良い情報を提供。
・ライブラリやフレームワークを利用するか、オープンソースSNSを利用するか考え中。

 

あけましておめでとうございます。
本年もスポーツスタイルミヤギを宜しくお願い致します。
 
 
さて、1月も7日に入り七草粥を胃に収めた所で、日にちも7というめでたい日にご挨拶のブログを書いた次第であります。
 
 
あまりブログを書いていないと活動を休止しているのではないか?と思われるとあれなのですが、そんなことはございません。
 
おかげさまで忙しい毎日を送らせて頂いております。
最近はweb製作の仕事もいただき、サイトの運営やリニューアル・広報といったことも考えながら、今後の計画をまとめているという現状です。
今年は沢山の人と出会い、昨年以上に人・ご縁を大事にして参りたい所存です。
 
 
例年その年の漢字を一文字で表すという清水寺的なことをやっているのですが、今年は「人」にしたいと思います。
 
ちなみに活動初年度2007年は「迷」でした。
当時はあれこれ手をつけながら何をしよう?という暗中模索の状態でした。
 
次の2008年は「進」という文字で、とにかくやってみるっきゃないや!と考え、やる事をスポーツに絞り「素人だらけのスポーツ大会」をやっていました。
 
翌年2009年は「造」という文字で、人様の役に立つ事はなんだろう?と考え、「スポーツを『する』情報を投稿できるサイトがあったら便利じゃないかな?」という思いからスポーツスタイルミヤギを作るために独学でHTML、CSS、PHP、MySQLやデザインなどを勉強した年でした。
 
そして昨年2010年は7月にスポーツスタイルミヤギをオープンまでこじづけ、サイトをただの箱から価値のあるものにするため、「価」という言葉を当てはめて記事を書いたりなんだりしながら今に至るという訳です。
 
 
今年が「人」というのは、やっぱり社会の中の関係無しに良い仕事はできない、と日々痛感しているからです。
沢山の方々にご協力頂きながら、スポーツスタイルミヤギをより良いものにしていけたら嬉しい次第であります。
しかし、そのためにはサイトをもっと知ってもらう、使いたくする事が必要だと思います。
がんばろう。
 
 
 
さて、以下は先月の結果です。
■12月の結果■
 
訪問者数 2528→2688
 
訪問回数 6040→6109
 
ページビュー 26023→23722
 
更新頻度が少ないと、やはりPVが落ちますね。
なんとか書き込んでいただいた方のページに、サイト閲覧者の目が向かうようにしたいものです。
 
 
 
 
では、本年もどうぞ宜しくお願い致します。